●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

●会話を途切らせないコツ

「会話の幅」は、「質問意図」を分かりやすくすること

e0208182_2372359.jpg

初対面でも途切れない会話の3原則

「初対面の相手との会話が苦手」という人は多いですよね。何を話していいかわからず、気まずい間が生まれてしまうことが多いと、苦手意識を持ってしまうのも無理はありません。

でも、初対面の相手と会話をつなげることは実は一番カンタンなのです! だって「相手のことを何も知らない」ということは、逆を返せば、「質問できることが沢山ある」ってことですから。

かつて口ベタというハンデを負っているにも関わらず営業職に就いていた私は、ナンパを通して初対面の相手との会話が得意になりました。

「ナンパ」というといかにも低俗に思われがちですが、あなどってはいけません。[道端で女性に声をかけ]→[たった数秒で相手の気を引き]→[会話をつなげる]という過程には、コミュニケーションの学びがたくさん詰まっています。

そこで、今回は私がナンパを通して学んだ「会話を途切らせないコツ」を紹介します。




1)相手に興味をもつ

「気まずい間」というのは、たいてい相手に「心から」興味を持っていないから生まれるものです。

もちろん恋愛のように、[相手のことが好きだからこそ嫌われないように発言を控えて]しまい、気まずい間が生まれてしまうパターンもあるでしょう。

しかし多くの場合、会話が盛り上がらない理由を突き詰めると、そこには意識的にせよ無意識的にせよ打算的な狙いが生じているものです。

「仕事上の付き合いでしかないからプライベートの話を聞きたいとは思わない」や「この人とはこの場限りだから、表面的な会話でいいだろう」などなど……これらの例は、誰しもが心当たりのあることかもしれません。

もし心から興味があれば、自然と「聞きたいこと」が思い浮かび、会話はつながっていくものです。まずは相手が誰であれ、「この人との会話は自分にとってプラスになる」とこじつけでもいいので、意識的に興味を持ってみましょう。

そうすることで、相手の言動や所作から会話の切り口が見つけられるようになり、自然と質問が浮かんできます。




2)「質問力」を磨く

いくら「聞きたいこと」が浮かんでも、聞き方……つまり質問の仕方が下手だと会話をうまく引き出せません。

ポイントは、
①「相手が即答できるくらい具体的」で、
②「答えて差し支えのないもの」、そして
③「会話の幅があるもの」です。

これを満たしていれば、あなたが質問するごとにある程度つながりのある会話が生まれます。ちなみに③の「会話の幅」は、「質問意図」を分かりやすくすることで広げることができます。

例えば「冬は好きですか?」と聞くだけでは、「Yes」「No」の単発の返答で終わってしまう可能性が高く、幅のある質問とは言えません。

しかも、もし先方から「なんでそんな(どうでもいい)こと聞くの?」と怪訝がられてしまうと、いくら質問しても一向に会話は盛り上がらず、「この人と話してても面白くない」と思われがちです。

そこで「僕、寒いの超苦手で、冬は行動力が8割引きになるんです。◯◯さんは冬はお好きですか?」と聞いてみるとどうでしょう。

この2つの聞き方。質問内容は変わらないけど、「寒いのが得意かどうか知りたい」という意図が伝わるので、相手は答えやすくなります。

また、「得意であれば冬のイベントの話題に、苦手なら夏のイベントの話題に」と、話題を自然とスライドしていくことができるのです。

このように、1つの質問の中にいくつかの「ひっかかり」を加えることで、会話の展開パターンを何重にも広げることができるのです。




3)適度にツッコミを入れる。

会話を盛り上げるには「相手が口を開きやすい空気を作る」ことが有効です。

そこで重要なのが「ツッコミ力」。相手の発言にツッコミを入れて笑いに変えてあげられると、相手は口を開きやすくなり、積極的に話してくれるようになります。

もし相手が無口でツッコミどころが見つけられない場合は、自分がボケて相手にツッコませるとよいでしょう。思わずコメントを挟みたくなる(軽い)ボケをかますことで、笑いを生みつつ、口を開いてもらうのです。


ポイントは、「大げさに表現する」こと。

例えば大学生の女の子と飲みに行って、相手が一杯目にビールを注文した場合。「へぇ、◯◯ちゃん、ビール飲めるんだ」と聞くと、口ベタな子は「はい」で終わらせてしまうことが多いです。

しかし、「えー!◯◯ちゃん一杯目からビールいけちゃう派!? 完全に飲みサーの酒豪会員丸出しじゃないですか!」のように言えば、(もちろん相手のタイプによりますが)大げさな言葉選びゆえに冗談にとってもらいやすく、気軽にコメントできるようになるのです。

「いや、私ぜんぜん酒豪じゃないです!」のように、次の話題につながる発言をもらえれば、「じゃあ俺、何サークルかペロンと当てちゃっていい?」のように次の会話へ展開していけます。(ここでも無駄に「ペロン」を入れることで、「ペロンってなんですか!笑」というツッコミをもらおうとしています。笑)













e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-26 23:44 | なるほどね。