●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

●生き方の4つの基本姿勢

e0208182_22261185.jpg



あなたは、どのタイプですか?


その人が他の人とどのようにかかわるかの対人関係の基本姿勢といわれるもので、意識的無意識的な心理的エネルギーの体制を、どのように心の中につくったかを表します。これをグラフ化したものがOK図表


e0208182_2372359.jpg


子供の頃、両親や周囲の親的な人から、沢山愛されたり、可愛がられたり、「良い子だ!」とか「それで良い!」と誉められたり、認められたり、良い評価等の良いストロークををもらったりすると、自分についての自信が満足感が強まり、『私はOKである』と言う感覚が強く持てるようになります。それと同時に両親や周囲の人に対しても、「人は信じられる、心や気持ちを許しても大丈夫だ!」という感覚、つまり、『あなたは(他の人)はOKである』という感覚が持てるようになるのです。


親や周囲の親的な人から、「駄目じゃないか!」、「そんなことでどうする!」、「全く駄目な奴だ!」などと、否定的なストロークやディスカウントばかりもらっていると、「自分は駄目だ!」と、自信を失い、自分を認めることが出来なくなります。つまり、内側に向かって流れるエネルギーは、“自分自身へのディスカウント”になり、自分の能力や可能性、実際の行為の意味や価値をディスカウントするようになり、『私はOKではない』という感覚を持つようになるのです。



e0208182_8313032.jpg



OK図表の4つの姿勢


自分に対する肯定感・否定感と、周囲の人に対する肯定感・否定感を組み合わせると、4つの枠組みが出来ます。これがOK図表で、対人関係における無意識的な心の姿勢、あるいは、人生の生き方の無意識的なエネルギーの体制を示しています。

この基本的な姿勢(エネルギーの体制)は、誰もがこの4つの部分を全て持っているのです。しかしそのうちで、自分の図表の面積の最も大きいところが、最も強い自分の傾向性といえます。

4つの基本姿勢と、それに付随する態度、行動、心理的な傾向性は次の図のようにまとめられます。



私もOK,あなたもOK

大切にされ、可愛がられて育つと、自分に対する自信や肯定感も強く、周囲の人に対する安心感、信頼感も強まります。こういう人の心の姿勢は、『私もOK,あなたもOK』ということになります。

このようなひとは、どのような場面でも、自分の能力や人柄を発揮し、人から好かれ、受け入れられ、ますます人との良い関係を築いていくことが出来るのです。




私も,あなたも、みんなOKではない

常に、親や周囲の親的な人からディスカウントばかり受けるような厳しい環境の中で育ってきた人が持ちがちな心の姿勢です。

こういう心の姿勢を強く作ってしまった人は、自分も気がつかないうちに、人間関係をぶち壊し、知らない間に、拗ねたり、僻んだり、問題な受け止め方をして、悪い方へ悪い方へと事態を動かしてしまい、問題のある生き方をするように、無意識的な力に動かされてしまうのでです。




あなたはOKだけど、私はOKではない

この姿勢の人は、他の人に比べて自分はダメだという劣等感を持ちやすい人で、人に対する姿勢には問題がないのですが、自分に対するディスカウントが強く働くようになってしまった人です。

よく言えば、「慎重派の人」、「謙虚な人」ということになりますが、これもまた自己防衛で、失敗することを避け、人とぶつかったり、否定されたりすることを避けて、逃げているともいえます。

こういった態度に陥りやすい人は、問題に取り組まず、逃げたり、避けたり、十分に動けず、人に対して依存的になり、絶えず他の人の承認や、許可を求めたりしようとして、自分の能力や可能性を発揮しようとはしません。




私はOKだ、あなたはOKではない

この姿勢を持った人は、何か事がうまくいかなくなると、その原因は相手にあるとして、相手を攻め、やっつけ、排除しようとする衝動に駆られる人です。こういう態度の人の心の底は、自分はひどい目にあわされているという感じや、自分は犠牲者だという思いがあり、自分が惨めなのは人のせいだと、人を非難するのです。

しかしこの姿勢の人は、周囲の人から見るとエネルギーがあり、自信満々とした態度で仕事をし、人生を生きているように見えるので、良い評価を受け、抜擢され、企業や組織の中でトップに立ったり、役職者になったりすることが多いのです。





e0208182_95763.jpg








e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-11-25 08:39 | なるほどね。