●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

カテゴリ:感謝・感動( 10 )

●ウツの原因と対処法

e0208182_2201734.jpge0208182_2203815.jpg

●I'm sorry●Please forgive me●I love you●Thank you
[PR]
by 40144 | 2016-11-25 22:00 | 感謝・感動
e0208182_22381047.jpg

続き
[PR]
by 40144 | 2015-11-22 17:25 | 感謝・感動
こんな能力が自分にもあればと心から願う。
e0208182_2372359.jpg

e0208182_2361432.jpg


『動物と話せる女性ハイジ』楽しく読ませていただきました。タランチュラや亀などハイジさんがいろんな動物と会話したことが書かれていて驚きましたが、ハイジさんが会話できない動物はいるのでしょうか?

ありがとうございます。そして、なかなか難しい質問ですね。会話できるかどうかは、トライするまでわからないんです。

ただ今のところコミュニケートができた動物は、イルカ、ハムスター、カバ、オウム、オットセイ、タランチュラができたので虫……蜂もそう。蜂は難しかったですね。

ただ、何百万という動物がこの世にはいますからね。とりあえず、いまのところ試みた動物とはすべてなんらかのコミュニケーションがとれました。でも、ものによってすごく細かくわかる動物もいればそうでもない動物もいる。程度の差はありますね。




その境目は種類なのでしょうか? ほ乳類など、知的能力の高い動物がコミュニケーションとりやすいとか……。もしくは個体ごとの性格も関係してくるのかな、とも思うのですが。人間でも社交的、内向的な人もいますよね。

そうですね、やはりほ乳類は会話がしやすいです。あとは、猫や犬、動物園にいる動物など、人と何かしらの接触がある動物は会話がしやすいですね。もちろん、個体ごとの性格も関係しています。



この本のなかにはたくさんのエピソードがありますが、他にも心に残るエピソードがあればお伺いしたいのですが。

ケガをして動けなくなった犬がいたんです。家族は実際に目撃していないので何が原因かわからなかったんですが、「この子が何を望んでいるのか教えて欲しい」ということで、現場に行ったんです。

その子は「ここにいるよ、動こうとしているんだよ」ということを伝えようとしていましたね。そして、その子がその家のお母さんに向かって動こうとしたんです。


後ろ足が動かないので前足だけで、スフィンクスのような格好になったんですが、なんとか前に進もうと……。動物でも、ここまで頑張っているということ、体は動かないかもしれないけど、家族に愛されていることを理解していて、心は幸せなんだという状態を目の当たりにしたときは、やはり感動的でしたね。





ハイジさんはさまざまな国で動物とコミュニケートしていますが、人間と同じように国民性はありますか? 日本人は真面目、といわれるような……。

それほど感じませんね。まあ、少しぐらいの違いはありますけどね。私はアメリカ人、あなたは日本人ということで。でも2人とも女性というところで同じですよね。少々の違いはあっても根幹は同じだと思っています。





なるほど。でも、ペットの飼い方は国によって違うのかな? とも思います。たとえば日本のペットに接して、多く聞かれた不満、不安はどんなものがありましたか?

まず日本の人、犬をみていてよく思うのは、人間は「犬だから、こちらの気持ちや言っていることをわかっていないだろう」と思っていますが、彼らは「理解しているし、感情も読み取っているのに」と思っているのをみてきましたね。

そして、これは日本に限ったことではありませんが、愛犬に服を着せたりして、愛玩犬どころかおもちゃのような扱いをする。でも犬にだって個性はあるので、そういうことをされるのが好きじゃない子も当然いるわけです。なので、その子が本当にそれを喜んでいるのか、個々で違うのでもうちょっと尊重してあげたらいいと思います。




猫に関しては、人間が、ペットということで猫を思い通りにしようとしていますね。猫というのは本来独立している動物です。なので、ずっと閉じこめておくということは難しいんです。

猫には新鮮な空気、日の光が必要ですし、元々は夜行性なので月の光も欲しがったりするんです。飼育状況によって、どうしても部屋の中に入れておくしかないという場合であれば、その代わりに何ができるかを考えてあげてほしいですね。

例えば緑、葉っぱや木のあるコーナーを作ってあげるとか、窓でもカーテンを開けて、十分な日の光が入ってくるようにしてあげるとか……。


それから、これはアメリカの話ですが、猫が家の中の絨毯や壁をひっかいてしまうからと、指先を関節から切ってしまうことがあるんです。もちろん、猫は「そんなことしないで!」と言っているんですけど、自分の家が傷付くからという理由で、そんなことをしてしまう人がいるんです。

もちろん反対している人もたくさんいるのですが……日本では行われていないことを祈っています。

本来猫はとてもトレーニングしやすい動物ですし、うちにも6ヶ月ぐらいの猫がいて、爪を出して何かをひっかこうとするんですけど、そういうときは「だめよ」と言えばいうことをきくんです。





私たちと動物が共存するにあたって、ハイジさんのように会話をすることはできません。でも、私たちなりにできることはあると思うんです。動物たちの不満も聞いてきたハイジさんから「こうすれば」というアドバイスはありますか?

とにかく話しかけることが一番です。人が動物を理解するよりも、動物のほうが人を理解することに長けているんです。

「今から仕事に行ってくるね」「今日は獣医に行く日だよ」……会話の内容が、必ずしも動物たちにとって嬉しいものでなくても、先に理解することで心構えができますからね。

人間だって、たとえば歯医者さんに行くとします。歯医者さんが好きな人はあまりいませんが、「これから●●をします」「次は××ですからね」とアナウンスされることで、不安もやわらぐでしょう? なので、積極的に人間から話しかけてください。

動物は思っている以上にずっと理解しています。




日本ではペット業界が盛んで、ペットの数も多いのですが、それと同じだけ殺処分されている動物たちもいるんです。ものすごく溺愛するいっぽう、おざなりにされている命もある。この状態を改善するためにできることはなんでしょう。

まず、ペットを飼いたいと思っている方はペットショップではなくシェルターに行って、そのままだったら殺されてしまう動物を探して下さい。シェルターにもいろんな種類の動物がいますので、自分が飼いたいと思っている種類の動物もきっといると思います。


もし、あなたがペットを飼える状況にないのなら、ぜひ殺傷処分をしないシェルターに募金して下さい。また、私は、増えすぎちゃって飼えなくなって結果捨ててしまうのであれば、はじめから去勢をして、コントロールをしたほうがいいと思っています。

またよくあることだと思うのですが、ペットショップで「わあ、かわいい! 飼っちゃおうか」と勢いで飼ってしまうこと。実際、飼い始める前に、まず自分がどんな環境に住んでいて、ペットにどんな環境を与えてあげられるかっていうのをよく考えて下さい。



たとえば高層ビルに住んでいる人がボーダーコリーを飼うのは無理がありますよね? そういう場合、犬が欲しいのであればシーズーやチワワがいいと思いますし、どれだけの間、動物が生きるのか考えてほしいと思います。たとえば馬はとっても長生きしますし、犬や猫は10年から15年。亀だって長生きします。

自分がそのペットにとってふさわしい人物であるかどうか、その動物が自分にとってもふさわしいかどうかをよく考えてくださいね。私は小鳥が好きで、かわいいなあと思うのですが、家には犬がいっぱいいるので遠くから眺めているだけ。

飼いたいと思っても、自分の家の環境が整っていないのなら、やっぱり飼うべきではありません。


家族として迎えることをきちんと考えるべきなのですね。今日はどうもありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。











e0208182_23164417.jpg

人間は善良であればあるほど、他人の良さを認め褒めます。しかし、愚かで意地悪であればあるほど、他人の欠点を探すのです。
[PR]
by 40144 | 2015-01-19 23:09 | 感謝・感動
e0208182_10143018.jpg

「笑い」の力


「笑い」は人々を健康長寿にし、幸福に導く大きな力を持っています。笑顔の人を見るととても気持ちのよいものです。
 
「笑顔に優るお化粧なし」女性の笑顔は格別に美しいものです。
 

ヨーロッパへ行くと街や公園ですれ違う人が笑顔で軽く会釈してくれます。何とも気持ちのよいものです。ホテルやレストランでもよくはやっているところは、笑顔が快く満ちています。
 
むつかしい仕事をしているオフィスで働く人も可能な限り笑顔で仕事をしたいものです。お客様はしかめ面より、笑顔の人と商談をしたがるものです。

「笑い」は自分自身を美しく愉快にするばかりか、自分のやりたいことをスムーズに成し遂げてくれる力を持ちます。それは、対する相手の気持ちをやわらげたり快くする力を持つからでしょう。



今、さまざまなところで「笑い」が科学されているようです。
 
遺伝子工学の第一人者と言われている村上和雄さんはいち早くこの問題に着目して、お笑いの吉本興業の協力を得て「笑い」の力を研究してきました。そして「笑い」によって糖尿病患者の血糖値が大幅に下がることを3年前に証明しています。

その後は「ガン」についても研究を進めており、「笑い」がNK細胞という免疫力を高めることがわかり、これがガンの発生や繁殖を抑制できるという結論に達しつつあるそうです。
 

同じ研究を進めている科学者や医者は他にもたくさんいます。その中で「日本お笑い学会・副会長」という愉快な名を持つ昇幹夫さん(本職は麻酔科・産婦人科の先生)は各方面でひっぱりダコのようです。
 
昇さんは「笑いでガン細胞をやっつけよう」と各地で講演しています。NHKラジオ深夜便でも「笑い上手は生き方上手」と題して講演「前向きで楽しい極楽トンボの生き方が長生きの秘訣・ボクは健康法師」と言って人々を笑わせています。

 

その昇さんによると、ガンになる最大の原因は「心の問題」だそうです。

ガンにならないために「感動したり、大笑いしたり、感謝の気持ちをもって、リラックスした心で過ごす」ことが大切で、「笑い」は極めて大きな力だ、と推奨します。

私たちは「笑顔」の人に出会うと美しいと思います。とても快い気持ちになります。
 
ところで私たち自身はどうでしょうか。出会った人に美しい・気持ちのいい人だと思われているでしょうか。相手を愉快な気持ちにしているでしょうか。


「笑い」は自分を健康にし、長寿にし、幸福にする力を持ちますが、それと共に自分の周囲の大切な人々をも幸せな気持ちにするというかけがえのない大きな力を持っていることをいつも心に留めておきたいものですね。













[PR]
by 40144 | 2014-10-11 10:12 | 感謝・感動

●アトピーが治った!

アトピーが治った!



2013.10.16  Mさん(40代・男性)
http://voicee.jp/201310166792

この記事は、隔月発刊の「ザ・伝道」第152号より転載したものです。


アレルギー・マーチ

私は、幼いころからアレルギー体質でした。アトピー性皮膚炎や鼻炎、ぜん息など、症状を変えながらアレルギー反応を繰り返す、いわゆる「アレルギー・マーチ(アレルギーの行進)」だったのです。

成人してからは、大分落ち着いていたものの、28歳で就職後、再びアトピー性皮膚炎に悩まされるようになりました。



アトピー再発

私が就職したのは、全国チェーンの漢方薬局です。あれは就職2年目に、北海道勤務になった時のことでした。

「あれ? かゆいと思ったらアトピーだ」

はじめは腕が少しかゆいぐらいだったのが、気づくと、上半身全体に湿疹が広がっていました。慣れない環境での、はじめての一人暮らし。自分では、乾燥した気候や食生活の乱れが原因だと思いました。

すでに幸福の科学の会員であった私は、支部で「病気平癒祈願(びょうきへいゆきがん)」を受け、さらに食生活を改善。漢方も併用し、幸い数カ月で症状は静まっていきました。



体中が真っ赤に!

しかし、1年半後、東京の店に戻った私は、さらなる試練に見舞われました。

あるパートの女性から、面と向かって、「あなたの顔を見ると吐き気がする」と言われたり、ほうきでゴミを掃きかけられたり、個人攻撃を受けるようになったのです。

腕がかゆくなり、肩、胸、首、腿に加え、ついには目の周りまで。あっという間に、顔も体も真っ赤になってしまいました。

私は思い切って彼女に提案しました。

「私が何か気に触るようなことをしたのかもしれませんが、ここはお互い本音で話し合いませんか?」

しかし、彼女は話し合うことすら拒否。そのまま店を辞めてしまったのです。しばらくしてアトピーは治まったものの、何とも後味の悪い出来事でした。



3度目の発症

その後、私は神奈川の店舗に移ったのですが、そこでも、人間関係の悩みを抱えることになりました。5人いる従業員は、私以外、全員女性。当時店長をしていた女性は、スパッとした物言いの方で、実際、彼女の言葉に傷ついた男性が何人も辞めているとか。

「全然、売り上げが伸びてないじゃない! あなた、真面目に営業する気あるの?」

他の従業員の前でも容赦なく叱責される日々のなか、アトピーが再発――。

かゆみは夜にひどくなり、寝ている間も無意識のうちに掻いてしまいます。研修旅行で同室になった同僚や、自宅の隣室で寝ていた祖母にまで、「夜、ボリボリとすごい音がしてたよ」と言われるほどでした。



根本解決に向け腹をくくる

病院の治療や漢方で、2~3カ月で症状は治まりましたが、さすがに、このままではマズイと思いました。

幸福の科学では、病気の原因の7割は「心」にあると説かれています。医学的にも、アトピーの原因の一つは精神的なストレスとされます。

生活習慣の改善や薬でよくなっても、しばらくすると再発するのは、根本にある心に問題があるからに違いありません。

幸福の科学に入会したものの、本格的に心の修行をしてこなかった、そのツケが回ってきたのだと思いました。今度こそ自己変革して、アトピーを克服しようと心に決めました。



皮膚病が象徴するもの

病院の治療や漢方で、2~3カ月で症状は治まりましたが、さすがに、このままではマズイと思いました。
そう決意した直後、幸福の科学出版の雑誌「ザ・リバティ」に、アトピーに関する皮膚科医の方の記事を見つけました。

「皮膚は自分と外界、とりわけ他人との境界線です。このことからも、他人に対する拒絶感が、アトピー性皮膚炎を起こし、また悪化させているように思えます」
(「ザ・リバティ」1997年12月号より)

「他人への拒絶感」という言葉が、印象に残りました。



相手の立場に立つ

アトピーを根本から解決するため、とにかく対人関係をよくしようと思った私は、まず、明るい印象を与えるために、笑顔や明るい声のトーンを心がけました。同時に、「思い」にも気をつけました。

改めてふり返ってみると、それまでは、漢方相談を受けるにも、自分の漢方の知識をひけらかすような気持ちがありました。

そうした「自分が、自分が」という気持ちを抑え、まず、お客様の話を丁寧に伺い、理解するように心がけたのです。

すると、心を開いて、家庭の悩みなどを打ち明けてくださる方も出てきて、よりきめ細かい、的確なアドバイスができるようになっていきました。



根深い劣等感

「それにしても、どうして人づき合いが苦手になったんだろう」

私はさらに深く、自分自身の心を見つめていきました。

私は学生時代から、どこか斜に構えたところのある卑屈な性格でした。人の好意やほめ言葉は素直に受け取らず、批判には過剰反応してカーッと怒る。そうした傾向性があったのです。

どうして、そのような性格になったのか、自分の人生をふり返っていくと、子供の頃の記憶がよみがえってきました。

私の両親は子供への期待が大きく、私に小学校、中学校、高校と、偏差値の高い学校を受験をさせました。しかし、ことごとく失敗――。

その時に心に刻まれた劣等感を、私はずっと引きずり、これ以上、傷つけられたくないと、他人に心を閉ざしていたのです。これこそ、問題の「根っこ」でした。



100%の安心感

これまでの人生を前後際断(ぜんごさいだん)し、まったく新しい自分に生まれ変わろうと決意した私は、35歳の時、幸福の科学の総本山・正心館(しょうしんかん)で「起死回生の秘法」を受けました。

導師が経文(きょうもん)を読み上げると、仏の慈悲が胸にしみ入ってきました。そして、自分もまた、仏の子として光り輝く存在であることに、気づくことができたのです。

劣等感から解き放たれ、100%の安心感を得た瞬間でした。

もう人の目を気にしたり、人と比べたりするのはやめよう。自分自身の成長を大事にしようと、私は心から誓ったのです。



病を治す心の力

そのような心の変革をしてから今日まで、以前のようなアトピーは一度も発症していません。

アトピーの克服を通して、「心には病を治す力がある」ということを、身をもって体験することができました。この経験を元に、これからも多くの方の健康のお手伝いをして、幸福を広げていきたいと思います。



この記事は、隔月発刊の「ザ・伝道」第152号より転載し、編集を加えたものです。






[PR]
by 40144 | 2014-05-15 16:13 | 感謝・感動
「素晴らしい国民性だ!」 日本人のモラルの高さにアラブ人感銘




https://www.youtube.com/watch?v=RXI5fPY9HqA

今回は、サウジアラビアで放送されているテレビ番組「ハワーテル 『改善』」から。

『改善』は日本の社会の様々な良点を中心に紹介している番組で、映像の前半では、自分たちで教室を清掃する小学生たちの姿が紹介されています。後半は、公園のベンチで食事をしている人たちがちゃんとゴミを持ち帰る様子や、落としてしまったスナックを全部拾い集める様子など、日本人のモラルの高さにスポットが当てられた作りになっています。



自国との比較など、イスラム諸国の方々から様々な反応が寄せられていました。

■ 俺たちと日本人には差があるね。日本人の精神が成熟してるのには、何か秘密があるんだろう。 アルジェリア

■ 日本人は子供の時にちゃんと躾を教えてるんだなぁ。 国籍不明

■ 生徒は教師に学び、子どもたちは親に学ぶものなんだ……。だからこういった環境や教育、両親の倫理の高さが大切なわけで。……なんて理想的な社会なんだろう……。 サウジアラビア

■ 日本はムスリムのいないイスラム国家って感じがする。 イラク

■ イスラム国家とは大違いじゃんよ。俺たちなんてどうせ……。 サウジアラビア

■ 日本や北欧のような国に行ってみると、イスラムに通じる精神があるのが分かるよ。イスラム教徒はいないんだけど。ウチラの国とは反対だな。もっと良い国にしていきたいものだ。 ヨルダン

■ アメリカに爆撃されて国中を破壊されたのに、日本は再び立ち上がった。日本人って凄いと思うよ。 サウジアラビア

■ 楽しかったよ。こういう光景は日本ならではのものだね。本当に素晴らしい国民性だ! サウジアラビア

■ 生徒に教室の掃除をさせるっていうシステムは、俺達も真剣に導入を考えてもいいかもしれないね。 国籍不明

■ ウチの国の現状と比べると、泣きたくなってくる……。 モロッコ

■ 日本にはイスラム教がないけど、宗教的な規律があるんだよ。俺達はイスラム教徒だけど、そういった規律が存在しない。 サウジアラビア

■ まずはモラルを育てないといけないってことよね。勉強や体を鍛えたりすることは、そのあと。 サウジアラビア

■ シンガポールにあるイスラム系の学校に通ってた。そこでは日本のように衛生について学んでたよ。生徒たちが自分でクラスの掃除をする義務があったんだ。 シンガポール

■ 俺の国の政府がこういう制度を思いついても、色んな問題から採用されることはないだろうなぁ。 アラブ首長国連邦

■ 国民のモラルの高さが表れてるああいう光景は、観ていて気分が良くなるものだよね :) サウジアラビア

■ 俺の国の道路はいたるところにゴミが落ちてる。倫理観の問題だ。日本の道路は市民の高いモラルによって、清潔に保たれてる。 サウジアラビア

■ 比較するとウチの国はひどい状況だが、神が慈悲を与えてくれるだろうさ。とは言え、それでもなぁ……。 アルジェリア

■ 自分の国の指導者たちとの違いに恥ずかしくなるし、落ち込むね。 アメリカ在住

■ 結局、イスラムの教えと俺達の行動には乖離があるんだよなぁ。 国籍不明

■ 若者は日本に行って向こうに住むべき。きっとそれが救済になるだろう……!!!! サウジアラビア

■ 自分たちと日本人のモラルの違いを見てると恥ずかしくなってくる。 エジプト

■ 残念に思うけど、イスラム諸国が日本のような国になるのは不可能だ。 イラク

■ 本当に文明化された社会って、こういう事なんだろうね。 アラブ首長国連邦

■ ああっ。俺達は恥ずべき、遅れた社会に住んでるんだなって思ったよ。俺達は俺達自身の行動で、イスラム教の名声を貶めてるんだ!!!!日本のような社会システムを持った国に住んでみたいよ。 サウジアラビア

■ 為になる素晴らしい番組だった。制作に関わったすべての人に感謝したい。 イラク

■ 別世界の光景のようだ……。神よ、我々をあの世界に導き給え。 アルジェリア

■ 俺は今日本に住んでるけど、この国から出て行く気はない……。 エジプト

■ そういえばヨルダンの公立学校でも、20年前くらいに生徒たちが掃除してたなぁ。今はどうなったのかは知らないけど……。 パレスチナ

■ 日本人って実は、神に対する信仰心が篤いんじゃないか? モロッコ

■ 彼女と一緒にこの番組を観てたんだけど、観終わった後に近くの店でトイレの清掃用具を買ってきて、さっそく2人で掃除を始めたのを思い出したよ。 サウジアラビア

■ 自分たちの国を今よりもっと綺麗にするために、全てのイスラム国家の家庭で、学校で、コミュニティーで、この動画を観せるようにして欲しいところだな。 アルジェリア

■ 俺が日本に住んでる理由がこの動画によく表れてる。 日本在住

■ すごく参考になった。日本人の献身性を学べば、イスラム諸国ももっと活力のある国になるかもね。 イギリス在住









[PR]
by 40144 | 2014-05-03 22:19 | 感謝・感動
e0208182_1028465.jpg




山岡 鉄舟(鐵舟、やまおか てっしゅう)は、幕末の幕臣、明治時代の政治家、思想家。剣・禅・書の達人としても知られる。
(過去世は上杉謙信、関羽)

鉄舟は号、他に一楽斎。通称は鉄太郎(鐵太郎、てつたろう)。諱は高歩(たかゆき)。一刀正伝無刀流(無刀流)の開祖。
「幕末の三舟」(勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟)のひとり。

その行動力は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。



山岡鉄舟筆「清濁」

e0208182_16251990.jpg


山岡鉄舟が15才の時の志。立派ですね、見習わないと。



●うそを言うべからず。
●君のご恩は、忘れるべからず。
●父母のご恩は、忘れるべからず。
●師のご恩は、忘れるべからず。

●人のご恩は、忘れるべからず。
●神仏ならびに長者(徳の高い長老者)を粗末にすべからず。
●幼者をあなどるべからず。
●己に心良からざることは、他人に求めるべからず。

●腹を立てることは、道にあらず。
●何事も不幸を、喜ぶべからず。
●力の及ぶ限りは、善き方につくすべし。
●他を省みないで、自分の好きなことばかりすべからず。

●食するたびに、過食の艱難を思うべし、すべて草木土石にても、粗末にするべからず。
●ことさらに着物を飾り、あるいはうわべをつくろう者は、心ににごりあるものと心得おくべし。
●礼儀を乱るべからず。
●何時何人に接するも、客人に接するように心得おくべし。

●己の知らないことは、何人にても習うべし。
●名利のために、学問技芸をするべからず。
●人にはすべて能・不能あり、いちがいに人をすて、あるいは笑うべからず。
●己の善行を誇り顔に人に知らせるべからず、すべて我が心に恥じざるに務むべし。








[PR]
by 40144 | 2014-04-03 16:17 | 感謝・感動

感謝の五訓

e0208182_15351421.jpg

”ありがとう”の一言が幸せにするのは二人です。云われた人と云った人。




①『ありがとう』という感謝の心

どんな苦しい場面に出会おうともそれを乗り越えられる言葉は、『ありがとうございます』の十文字です。苦しい場面、悲しい場面に出会った時、『こんな場面を与えて頂いて、ありがとうございます』と百回・二百回とつぶやき、心の底から『ありがとうございます』と言えた時、すべてのものは、成就します。


②『すみません』という素直な心

『すみません』と言えないから、自分がたいした人間でもないのに、物とか地位で、自分がさも偉くなってきたと勘違いをする。自分の寸法で物をはかろうとするので、正しいの、正しくないと言う事になる。素直になれないという事は、先を見つめる目をもつことが出来ないということです。『すみません』と言えるか言えないかがキーワードです。


③『お陰様』という謙虚な心

自分が元気な時は、自分一人で生きていると思って周りを傷つけていることになかなか氣付きません。寂しさ・悲しさに出会った時、『なんだ、ひとりで生きていないんだなあ~』と感じます。成功している人は周りの人のお陰をいつの時点でも忘れません。成功する為の心の持ち方の一つです。


④『私がします』という奉仕の心

氣付いた人がすればいいのです。氣がつくという事は、自分が氣付いたのだから、自分がすればいいのです。人に対して、愚痴を言うのではなく、氣付いた自分に『ありがとう』と言ってみましょう。自分の事だけではなく、相手の事を考えて行動できる自分、もっというならば、相手が喜ぶ姿を見て、自分も喜べる事がキーワードです。氣付いたらすぐ行動することが大切です。


⑤『ハイ』といえる知恵の心

これをものにすると、100%嫌われません。どんな形であろうと、答えはひとつ『ハイ』。ボールを受けた時に、どんなボール(カーブ・ワンバウンド)もかならず受けてみましょう。そして、それを相手がとれるボールとして返してあげましょう。全てのものに『ハイ』というのは、非常に困難です。自分の寸法ではかるから、困難となるのです。相手の寸法ではかれる自分になる為の知恵を得る知識を身につけましょう





[PR]
by 40144 | 2014-01-24 15:35 | 感謝・感動

春風献上 2014


e0208182_0411221.jpg






[PR]
by 40144 | 2014-01-01 00:41 | 感謝・感動
      

e0208182_1561595.jpg


あるテレビ番組で、『あいうえおの誉め言葉』をふんだんに使って子どもに接していたら、とても素直で優しい大人に育ったという話をされていた。


あいうえおの誉め言葉、


ありがとう いい子ね
ありがとう 嬉しいわ
ありがとう 偉いわね
ありがとう お利口さん



例えば会社も


ありがとう あなたのおかげね
ありがとう いい仕事したね
ありがとう うまいね
ありがとう 笑顔を あなたの
ありがとう お手伝いしてくれて
ありがとう 我慢したね
ありがとう きいてくれて」
ありがとう くふうをしてくれて



もし、「ありがとう」に階級があれば・・・・・


誰かに何かやってもらう時、「ありがとう」と言うのが初級

いやなこと、くるしいとき、病気さえも「ありがとう」と言えるのが中級

何もないふだんの生活にも「ありがとう」と言い続けられるのが上級





やっぱり、「有難うございます」は宇宙一いい言葉ですね!!!






[PR]
by 40144 | 2013-09-21 15:05 | 感謝・感動