●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

カテゴリ:the-liberty( 1 )

e0208182_21115320.jpg




http://the-liberty.com/article.php?item_id=9243

e0208182_23215713.jpg

e0208182_2372359.jpg

書籍紹介 - 大川隆法総裁の長女・大川咲也加 専務理事 兼 総裁室長の最近の著作を紹介する。



大川隆法総裁の長女・大川咲也加専務理事による、現代の日本人の心を揺さぶる著書『人を動かす誠の力』。

e0208182_23331155.jpg


本書は、明治維新の発火点となった吉田松陰と、中世ヨーロッパにおける宗教改革の発火点となったチェコの宗教思想家ヤン・フスの生き方に学ぶもの。2013年春に行った2つの講話をもとに構成されている。

松陰の「誠の心」が当時の人を動かし、国論をも動かしたことに触れながら、人材育成法やリーダーが持つべき視点を示す。

また、「今で言う『誠の力』とは『純粋な信仰心』のこと」として、「自分は何を成し遂げたら死んでも本望なのか」を考えてほしいと呼びかける。

後半のフスの部分は、10日間でドイツ、チェコ、イタリア、フランスの主な場所を回ったヨーロッパ視察後に行った講話の内容。「真実」を探究したフスが異端とされて火あぶりになった後、正しさをめぐって「フス戦争」が起こったことや、現代のヨーロッパの人々が失くしたものなどについて鋭く指摘する。


e0208182_2346136.jpg





神々の真実が明かされた一書

e0208182_23305038.jpg


続けて、咲也加専務理事が3月上旬に発刊するのが『スピリチュアル古事記入門 上巻』

2015年は戦後70年。現代の歴史教育を憂い、改めて日本の原点を学び直す必要があると上梓した。
本書の特徴は、『古事記』に出てくる神話の分かりやすい解説だが、最も注目すべきは、これまでに幸福の科学の霊査で明らかになっている神々の真実などが盛り込まれている点だ。

はじめに現れた神である天御中主神が、3千年ほど前に地上に生まれた人格神であったことやそもそもの日本神道のルーツ、宇宙とのつながりなどが紹介され、他の解説書では得られない感動が押し寄せる。


天照大神
天照大神(あまてらす・おおみかみ)は日本の神様の中で最高神の地位を占める神様で、太陽の神であり、高天原(たかまがはら)の主宰神です。
e0208182_22244667.jpg
大日孁貴(おおひるめのむち)
e0208182_22244667.jpg
ヤショーダラー
耶輸陀羅(やしょだら、)とは、釈迦が出家する前、すなわちシッダールタ太子だった時の妃である。一般的な説では、出家以前の釈迦、すなわちガウタマ・シッダールタと結婚して、一子羅睺羅(らごら、ラーフラ)を生んだとされる。のち比丘尼(すなわち釈迦の女性の弟子)となった。
e0208182_22244667.jpg
倭姫(倭姫命:やまとひめのみこと)
第10代崇神天皇の皇女豊鍬入姫命の跡を継ぎ、天照大神の御杖代として大和国から伊賀・近江・美濃・尾張の諸国を経て伊勢の国に入り、神託により皇大神宮(伊勢神宮内宮)を創建したとされる(御杖代は依代として神に仕える者の意味であるが、ここでは文字通り「杖の代わり」として遷幸を助ける意味も含まれる。ちなみに、倭姫命が伊勢神宮を創建するまでに天照大神の神体である八咫鏡を順次奉斎した場所は「元伊勢」と呼ばれる)。
e0208182_22244667.jpg
光明皇后
武天皇の皇后。藤原不比等の娘、母は県犬養橘三千代、孝謙天皇の母。長屋王の変の後、皇后となる。仏教を篤く信じ、悲田・施薬両院を設け、東大寺大仏・国分寺・国分尼寺の造立に深いつながりをもつ。聖武上皇崩御後も政界に重きをなし、中台天平応真仁正皇太后の尊号が贈られた。天平宝字4年(760)崩御、60才。
e0208182_22244667.jpg
ヤン・フス
ヤン・フス(Jan Hus, 1369年 - 1415年7月6日)は、ボヘミア出身の宗教思想家、宗教改革者。彼はジョン・ウィクリフの考えをもとに宗教運動に着手した。チェコが生んだ最大の英雄は誰でしょう?こう聞かれて、ほとんどのチェコ人が迷わず挙げる名は、「ヤン・フス」でしょう。英雄といえば、戦争の名人を挙げるのが一般的です。でも、この偉人は終生、誰も殺しませんでした。むしろ、命の尊さを訴え続けた人です。このような人を最大の英雄に位置付けることに、チェコ人の国民性が良く現れていると思うのです。
e0208182_22244667.jpg
吉田松陰
松下村塾を主宰し、幕末・維新に活躍した多数の志士達を輩出した吉田松陰。その感化力は、世界史上でも類例がなく、不世出の教育者として語られています。

e0208182_22285044.jpg


e0208182_23351397.jpg






e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-03-08 23:35 | the-liberty