●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

●日本が大好き。2

自分もこんな日本人になろうと思う。
e0208182_2372359.jpg


日本人観光客と韓国人観光客、歴史博物館説明員の中国人女性が見た対照的な姿―中国ネット


http://www.recordchina.co.jp/a96976.html


2014年11月7日、中国・陝西省歴史博物館で働く中国人女性が、外国人観光客の印象について紹介した文章がインターネット上に掲載された。

それによると、韓国人観光客のマナーの悪さを厳しく指摘する一方、日本人観光客については、「本当に感動した」と絶賛している。


人民網によると、2013年の訪中外国人観光客は、前年比2.51%減の延べ1億2907億7800万人。さまざまなマイナス要因があったが、延べ人数と外貨収入から総合的には減少傾向に歯止めがかかっている。

西安の大学に通う女性は、歴史が好きだったため、陝西省歴史博物館の説明員のアルバイトを始めた。西安は観光客が多い。兵馬俑、大雁塔、そして陝西省歴史博物館は、外国人観光客が必ず訪れると言ってもいい名所だ。



説明員の仕事の中で、女性はさまざまな国の観光客を目にしてきたが、その中で最もマナーが悪かったのは韓国人観光客。


韓国人客が来ると、「10メートル離れた場所にいてもすぐに分かる」。静かな館内で、ずっと大声でおしゃべりを続けるからだ。フラッシュ撮影禁止のところでフラッシュをたいて撮影するため、警備員が見かねてカメラを取り上げたことも。展示物に群がり、周りの人の迷惑になることもしばしばだった。「いずれにせよ、博物館は尊重されていないと感じた」と嘆いている



これに対し、日本人観光客に関しては「本当に礼儀正しかった」と、絶賛。

西安で目につくのは、ほとんどがお年寄りのツアー客だったが、みな静かで秩序があり、真剣に展示物を見ている。メモまでとっている人も多く、「本当に感動した!見学するときは周りの人に気を使ってスペースを空けるため、混乱が起きたことは一度もない」と、驚いている。

(編集/KU)






e0208182_23142834.jpg

[PR]
by 40144 | 2014-12-29 23:11 | 大好き、日本。
e0208182_2227911.jpg


認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
e0208182_2228190.jpg


●わたしたち親は、子育てのあらゆる場面で、子どもにわたしたち自身の価値観を教えています。子どもは、自分が何をしたら誉められ、何をしたら叱られるかをいう体験を通して、親は何を善しとし何を悪いを考えているかを学ぶのです。子どもの人格形成において、親の価値観は、大きく影響します。


子どもの長所が光るのは、日々の暮らしのほんの些細な出来事においてです。それを見逃さないでほしいのです。


●子どもは、よいところを誉められれば誉められるほど、よい子になろうと頑張るようになるものです。


●食事が終わったらすぐに食器を片づける、外に行く前にはおもちゃを片づける、テレビは宿題が終わってから見る。このような約束事は、日常生活を効率よくきちんと送るためのものです。このようなルールについては、親が一方的に子どもに押しつけるのではなく、子どもの考えや要望を取り入れて決めてゆくものです。そうすれば、子どもはより協力的になります。そして、自分がルールを破ったときも素直に認めるようになるのです。


●子どもが親の同意を得ようと何か言ってきたら、できるだけソフトな態度で受けることが大切です。「言ってくれてよかった」という態度を示せば、子どもの態度も柔らかくなり、親の意見を聞いてから決めようという気になります。


●子どもは成長するにつれ、自分なりのモラルや価値観を持つようになります。親は、そんな子どもなりのモラルや価値観を尊重するよう心がけたいものです。子どもが自分なりに真剣に考え、人に対して誠実であろうとしているのなら、子どものやり方を認めるべきだと思うのです。たとえ親として多少の不満があったとしても、子どもが自分で判断できたことを喜んであげたいものです。


●子どもが悪い誘惑に打ち勝つことができるのは、親に叱られるからではありません。自分の自尊心が許せないことはできないからです。子どもの自尊心を育てることの大切さは、ここにもあります。


親は子どもに過剰な期待をせず、きっぱりとした、しかし柔軟な態度で接することが大切です。そんな親に育てられた子どもは、親に愛されているという自覚を持って、のびのびと育ち、健全な自尊心を形成することができるのです。








[PR]
by 40144 | 2014-12-23 22:27 | 子どもが育つ魔法の言葉

●日本が大好き。1

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/402678/

世界で日本だけかも・・と紹介されたサービスに中国ネットも感動、「私が一番求めていること」
e0208182_8163168.jpg


日本の東北6県と新潟の美食や観光地を紹介する日本の組織、東北観光推進機構が中国版ツイッター・微博でこのほど、日本の野菜などの無人販売所について紹介し、中国インターネット・ユーザーたちに感動が広がった。

微博の書き込みはこんな感じだった。

無人販売所がこんなに普通に受け入れられるのは、世界でも日本だけかもしれない。山形県の銀山温泉に向かう道のそばにはよく、野菜や果物の無人販売所がある。

これまで代金を払わずに商品が持ち去られたことはない。日本人のこうした意識の高さは世界でもよく知られている。もしも店主が野菜や果物を店に置いていくところに居合わせたら、試食もさせてくれる。

ここに来れば、人と人は信頼し合えるということに気付くだろう。

この書き込みに中国のネットユーザーたちが寄せたコメントの一部を拾ってみる。

「こういう感覚って本当に素晴らしい!」

「お互いの信頼って、私が一番求めていることだ」

「意識の高さ、人と人の信頼」

「こういうお店、青森にもたくさんある。しかもとっても安いんだよ!」

「これが成り立つ前提は、中国人とか外国人が少ないってこと」

「中国はいつになったらこういうレベルになるんだろう?」

「中国のおばちゃんたちが知ったら大変だ」

「日本、大好き!」

「また愛ってものを信じてみたくなった」

「善人は一生穏やかに生きられるように」


(編集翻訳 恩田有紀)








[PR]
by 40144 | 2014-12-23 08:17 | 大好き、日本。

●月の名前の由来

月の名前の由来

月の名前

古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。

名前が、3月生まれなので弥生(やよい)、5月生まれなので五月(さつき)という人も周りにはいるかもしれません。それは旧月の呼び名の名残です。

ここでは、旧月の名前だけではなく、その由来についても説明したいと思います。名前の由来は諸説様々なのですが、その一部をご説明します。


■1月:睦月(むつき)
1月は、親類や知人が集まり仲睦まじくする月であるから睦月とされています。

■2月:如月(きさらぎ)
2月は、まだ寒さが残っており、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」とする説が有力です。

■3月:弥生(やよい)
3月は、弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力です。3月生まれの弥生さん、聞いたことはありませんか?

■4月:卯月(うづき)
4月は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものというのが定説となっています。一方で、干支の4番目の動物がうさぎであることから卯月とする説もあります。

■5月:五月(さつき)
5月は、田植をする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったと言われています。五月という言葉は今でもよく使われていて、五月晴れなんて言ったりもします。

■6月:水無月(みなづき)
6月は、文字通り梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であると言われています。昨今は梅雨が長引き、異常気象が続いていると7月までジメジメした気候が続いていますが、当時は6月には梅雨が明けていたのかもしれません。

■7月:文月(ふみづき)
7月は、7月7日の七夕に詩歌を献じ、書物を夜風にさらす風習があるからという理由で文月になったという説が有力です。手紙が大きな意味をしめていた平安時代でも7月というものは特別な月だったのです。

■8月:葉月(はづき)
8月は、木の葉が紅葉して落ちる月、すなわち「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名です。

■9月:長月(ながつき)
9月は、夜が長くなってくる季節であることからそう呼ばれています。秋の長夜と口にしたりします。

■10月:神無月(かんなづき)
10月は、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月と言われています。そのために神がいない(無)月なので。

■11月:霜月(しもつき)
11月は、霜がおり始める月であることから霜月と呼ばれています。文字のとおりです。

■12月:師走(しわす)
12月は、年末にかけて師匠が走る、(普段は余裕を持っているお坊さんも走るほど忙しい)ということで師(匠が)走(る)というのが定説です。










[PR]
by 40144 | 2014-12-17 20:44 | 閑話

●意外と知らない知識

日本の国鳥はキジ、
では国石は?


e0208182_1250382.jpg



日本の国鳥はキジ、国花は菊・桜といわれていますが、国石は水晶といわれています。

昔は良質な水晶がたくさん採掘されていたことに由来しているとか。

ほかにも、国獣(魚)は錦鯉、国蝶はオオムラサキなどがありますが、いずれも法的に定められたものではないそうです。

(OFFICE-SANGA)





[PR]
by 40144 | 2014-12-13 12:50 | 雑学


http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141030-00010003-howcolle

e0208182_1224015.jpg

モテる女性が絶対にやっていること4つ


世の中にはモテる女性とモテない女性がいますが、本当にモテる女性は男女問わず多くの人から愛されています。

女性からは嫌われているのに男性からはモテるという女性は、まだ男性が気づいていないだけで、いつか男性もその女性の本性に気づく日がくるかもしれません。

では、本当にモテる女性とはどんな女性でどんな努力をされているのでしょう?

そこで今日は、20人以上の男性から告白されたことがある女性に「モテるために気をつけていること」について伺ってきました。



◆1.モテ特集はチェックする

「モテるために必要なことや求められることは、年齢によって変わると思うんです。20歳の学生のモテ技は学生だからこそ使える技であって、25歳の私がやるとイタいと思われてしまうこともあります。

だからこそ、自分の年齢や時代に合ったモテ技をチェックするようにしています。」(25歳/キャビンアテンダント)

既に知っているモテ技が、歳や相手が変われば通用しなくなると知っているのもモテる女性の条件のようです。そのため、常に流行に敏感で「モテる女性特集」があれば一通りチェックしているという方も多かったです。

LINEやFacebookなど、以前はなかったツールが登場することによりモテ技の使い方も変わるので、モテ特集をチェックするのは必須と言えそうです。



◆2.自分にできそうなことは全部やる

「ネットや雑誌で『コレがモテる!』という内容を見たら、とりあえず次の日に試してみることにしています。1回目にやったら不自然で男性にときめいてもらうことができなくても、2回目には自然にできるんじゃないかな~と。それに、試してみようと思う気持ちが男性との接点を作っているので、結果的に男性と関わることも増えますよ!」(24歳/受付)

できるかな?できないかな?これをやったら変かな?と考える前にやってしまうのが、モテる女性のようです。

実際にやってみたからこそ気づけることもあるので、あまり考え過ぎず、行動をしてみるのもオススメです。



◆3.失敗を怖がらない

「よく『だって~』とか『でも~』と言い訳をして、気になる男性がいても何もしない女性がいますけど、もったいないですよね。

フラれたからって死ぬわけではないんだから、ダメ元で行けばイイのにといつも思います。告白しなくても、友達になるだけでも変わることもあるので勇気を出してチャレンジするのが大事かと!」(26歳/飲食)

いくらモテる女性といえども、失敗してしまうこともあるそう。でも「たまたま自分との相性が合わなかっただけ」と考え、失敗や挫折を引きずらないようにしているようでした。

だからこそ、いつでもポジティブな気持ちでいることができ周りに好印象を与えているようです。



◆4.好きな人だけでなく女性も男性も大切にする

「私は、男友達と遊ぶのも好きですけど、女友達は男友達以上に大切にしています。困った時に頼れるのは女友達ですから。

それに男性も、女性から嫌われている女性よりも、女友達が多い女性の方が好きという人が多いと思います。」(22歳/学生)

やはり本当にモテる女性は、男性だけでなく女性も平等に大切な存在として考えているようです。男性の前だけで態度が変わるようなことがないので、女性からの好感度が下がることもないのだとか。

男性から見ると、女友達が多い子は性格が良さそうに見えるため、男性からの好感度も良くなるようです。



◆おわりに

モテたいと思うならば、思うだけに留めず実行に移すことが大切なようです。失敗を怖がらず、まずはできるところから実践してみてはどうでしょう?

(著者:栢原 陽子/編集:ハウコレ編集部)









[PR]
by 40144 | 2014-12-09 12:25 | 頑張れ!