●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大事なことは、完璧な人生を生きることではなく、よりよい人生を生きること。

e0208182_2372359.jpg


http://ryuho-okawa.org/2015/253/

2015.05.13
大川隆法総裁の書籍『大悟の法――常に仏陀と共に歩め』より抜粋でお伝えします。


なぜ人は自殺をするのか

自殺の原因について考えてみたいと思います。

人間は、この世に生き、幸福を求めて、さまざまな努力をしています。また、幸福を得るための教えも説かれています。しかし、不幸体験というものは、どうしても避けられません。

その不幸体験のなかで、人は自殺をするわけです。

なぜ人は自殺をするのでしょうか。

たとえば、病気を苦にして死ぬ人もいます。「もう、これ以上、苦しみが続くのは嫌だ」という思いから自殺する人は数多くいます。

最近は老人の自殺も増えています。「体の具合が悪く、家族に迷惑をかける」「生きがいがない」というようなことで自殺する老人も跡を絶ちません。

若い人の場合には、恋愛感情のもつれや結婚問題、離婚問題などで自殺する人もいます。

また、不況が続くと、経済問題での自殺があります。経済問題を苦にして、逃避したくて自殺をする場合です。

このように、自殺には幾つかの原因がありますが、いずれにしても、この世で生き抜くのがあまりにも下手な人が多すぎるようです。

自殺する人は、自分自身や他人に対して、あまりにも完全を求める完全主義的傾向が強く、その潔癖性のあまり、死に急ぐ人が多いように思うのです。

その根本にあるものは、やはり、自分に対する完全主義的な要求、あるいは他人に対する完全主義的な要求でしょう。



自分も、他人も、完璧な人はいない

しかし、自分自身のことをよく考えてみるならば、完全な人、完璧な人などいないことが分かるはずです。そして、自分が完璧ではないように、他の人もまた、完全でもなければ完璧でもないのです。完全性は、自分に求めることもできないし、他人に求めることもできないものです。

ところが、完全性という、自分にも他人にも求めることのできないものを求めて、結局、不完全な生き方をしていく人が跡を絶たないのです。

「一度でも失敗があったら、もう人生は終わりだ」というような考え方は、取るべきではありません。それは、何十年かのあいだ、みなさんを育て、護り、励ましてきた人々に対する、非常な冒瀆行為です。人生は、そういうものではありません。

したがって、「人間は仏の子、神の子である」という考え方はもちろん大事ですが、その一方で、「人間は不完全な生き物である」ということも、ある程度、認める必要があります。この世に生きている以上、やはり、肉体を持って生きている人間としての不完全さは残るのです。



「80%主義」の生き方を

大事なことは、完璧な人生を生きることではなく、よりよい人生を生きることなのです。そのように心に言い聞かせなければなりません。

魂的、霊的に、自分を非常に責め、毎日、夜も眠れずに苦しんでいる人がいるならば、「完璧な自分のみを求めてはいけない」と言いたいのです。

80%主義でよいから、とにかく生き抜くことです。そして、完全な人生、完璧な人生、欠点のない人生、傷のない人生ではなく、よりよい人生を選び取ることが大事です。







e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-29 14:05 | El Cantare
「会話の幅」は、「質問意図」を分かりやすくすること

e0208182_2372359.jpg

初対面でも途切れない会話の3原則

「初対面の相手との会話が苦手」という人は多いですよね。何を話していいかわからず、気まずい間が生まれてしまうことが多いと、苦手意識を持ってしまうのも無理はありません。

でも、初対面の相手と会話をつなげることは実は一番カンタンなのです! だって「相手のことを何も知らない」ということは、逆を返せば、「質問できることが沢山ある」ってことですから。

かつて口ベタというハンデを負っているにも関わらず営業職に就いていた私は、ナンパを通して初対面の相手との会話が得意になりました。

「ナンパ」というといかにも低俗に思われがちですが、あなどってはいけません。[道端で女性に声をかけ]→[たった数秒で相手の気を引き]→[会話をつなげる]という過程には、コミュニケーションの学びがたくさん詰まっています。

そこで、今回は私がナンパを通して学んだ「会話を途切らせないコツ」を紹介します。




1)相手に興味をもつ

「気まずい間」というのは、たいてい相手に「心から」興味を持っていないから生まれるものです。

もちろん恋愛のように、[相手のことが好きだからこそ嫌われないように発言を控えて]しまい、気まずい間が生まれてしまうパターンもあるでしょう。

しかし多くの場合、会話が盛り上がらない理由を突き詰めると、そこには意識的にせよ無意識的にせよ打算的な狙いが生じているものです。

「仕事上の付き合いでしかないからプライベートの話を聞きたいとは思わない」や「この人とはこの場限りだから、表面的な会話でいいだろう」などなど……これらの例は、誰しもが心当たりのあることかもしれません。

もし心から興味があれば、自然と「聞きたいこと」が思い浮かび、会話はつながっていくものです。まずは相手が誰であれ、「この人との会話は自分にとってプラスになる」とこじつけでもいいので、意識的に興味を持ってみましょう。

そうすることで、相手の言動や所作から会話の切り口が見つけられるようになり、自然と質問が浮かんできます。




2)「質問力」を磨く

いくら「聞きたいこと」が浮かんでも、聞き方……つまり質問の仕方が下手だと会話をうまく引き出せません。

ポイントは、
①「相手が即答できるくらい具体的」で、
②「答えて差し支えのないもの」、そして
③「会話の幅があるもの」です。

これを満たしていれば、あなたが質問するごとにある程度つながりのある会話が生まれます。ちなみに③の「会話の幅」は、「質問意図」を分かりやすくすることで広げることができます。

例えば「冬は好きですか?」と聞くだけでは、「Yes」「No」の単発の返答で終わってしまう可能性が高く、幅のある質問とは言えません。

しかも、もし先方から「なんでそんな(どうでもいい)こと聞くの?」と怪訝がられてしまうと、いくら質問しても一向に会話は盛り上がらず、「この人と話してても面白くない」と思われがちです。

そこで「僕、寒いの超苦手で、冬は行動力が8割引きになるんです。◯◯さんは冬はお好きですか?」と聞いてみるとどうでしょう。

この2つの聞き方。質問内容は変わらないけど、「寒いのが得意かどうか知りたい」という意図が伝わるので、相手は答えやすくなります。

また、「得意であれば冬のイベントの話題に、苦手なら夏のイベントの話題に」と、話題を自然とスライドしていくことができるのです。

このように、1つの質問の中にいくつかの「ひっかかり」を加えることで、会話の展開パターンを何重にも広げることができるのです。




3)適度にツッコミを入れる。

会話を盛り上げるには「相手が口を開きやすい空気を作る」ことが有効です。

そこで重要なのが「ツッコミ力」。相手の発言にツッコミを入れて笑いに変えてあげられると、相手は口を開きやすくなり、積極的に話してくれるようになります。

もし相手が無口でツッコミどころが見つけられない場合は、自分がボケて相手にツッコませるとよいでしょう。思わずコメントを挟みたくなる(軽い)ボケをかますことで、笑いを生みつつ、口を開いてもらうのです。


ポイントは、「大げさに表現する」こと。

例えば大学生の女の子と飲みに行って、相手が一杯目にビールを注文した場合。「へぇ、◯◯ちゃん、ビール飲めるんだ」と聞くと、口ベタな子は「はい」で終わらせてしまうことが多いです。

しかし、「えー!◯◯ちゃん一杯目からビールいけちゃう派!? 完全に飲みサーの酒豪会員丸出しじゃないですか!」のように言えば、(もちろん相手のタイプによりますが)大げさな言葉選びゆえに冗談にとってもらいやすく、気軽にコメントできるようになるのです。

「いや、私ぜんぜん酒豪じゃないです!」のように、次の話題につながる発言をもらえれば、「じゃあ俺、何サークルかペロンと当てちゃっていい?」のように次の会話へ展開していけます。(ここでも無駄に「ペロン」を入れることで、「ペロンってなんですか!笑」というツッコミをもらおうとしています。笑)













e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-26 23:44 | なるほどね。
話を上手に聞いてくれる人は、誰にとっても「楽しい人」なのです。

e0208182_2372359.jpg

e0208182_21593366.jpg



本音をいえば誰でも、相手の話を聞くよりも自分の話を聞いてもらったほうがうれしい。

話を上手に聞いてくれる人というのは、誰にとっても「話していて楽しい人」なのです。それだけに、仕事でも恋愛でもよく“モテ”ます。

また、そのことに多くの人が気づいているからこそ、「聞き上手になる」ことをテーマとした本や記事などが増え、「傾聴」やカウンセリングの技術にも注目が集まっているのでしょう。

聞き上手になるための具体的なコツだけは身につけておいて損はありません。5つほどご紹介します。




●頭を空っぽにして相手に同化する

カウンセリングの世界では、相手の話を聞くときには、相手の気持ちに同化するのがいいとされています。

イメージとしては幽体離脱して相手の身体にすっと入って、同じ風景を見る感じです。

しかし、慣れるのには時間と経験が必要。人は他人の話を聞いているときでもずーっと頭のなかでいろいろ考えてしまっているからです。自分が次にしゃべることを常に考えている「終わり待ち」の人などはその典型です。

(うーん、それは違うんじゃないかな?)
(うわ、こんなこと言っちゃってるよ)
(次はこの話、しようっと)

などと考えていて、話が終わるのを待ちかねたように「あ、そうなんだ、でね……」と自分が考えていたことを話し始めてしまいます。これでは「あなたの話なんて聞いていませんでした」と言っているようなものです。

なので、なるべく自分の考えはお休みにすることが大事。そこで、「相手の話をすべて記憶するつもりで聴く」という方法が有効になります。

ここまで集中すれば、余計な考えに注意がそれてしまうことは避けられます(どうしても自分が次に話したいことが頭に浮かんでしまうようなら、それはメモします。メモすれば安心できるので、再び相手の話に集中することができます)。

授業のときにノートを取りながら先生の話を聞いたものですが、あれも「他の余計なことをしない」という意味では、とても意味があったわけです(書くのに必死になって、覚えられないということはあっても)。

これぐらい真剣に聞いていると、突然「で、君はどう思う?」と振られたときにはとっさに返答を思いつかないかもしれません。それでも大丈夫。「あ、ごめん、話に集中してて」とすぐに答えられないほうが、「熱心に聞いてくれている」と、かえって好印象なぐらいです。



●相づちは特に意識しなくてもOK

相手の気持ちにシンクロしている場合には、相づちも自然とシンプルになっていきます。集中して聞いていれば、いわゆる「気の利いた相づち」を考えているひまはないのです。

相手が「まいっちゃってさあ」と言ったときには「まいっちゃうよね」と勝手に繰り返してしまうし、相手が「そしたら、すごいことになっちゃってさ~」と言ったら、「すごいこと?」と質問できるでしょう。

相手が話しているときにこちらが返す言葉はこれぐらいで十分です。ほかには「それで?」とか「うんうん」だけで事は足ります。

気の利いたことを言おうとする必要はまったくありません(実際、上手なカウンセリングをビデオで見ると、カウンセラー自身はほとんど言葉を発しないことに気づきます。それはもう、驚くほどです)。



●リアクションは大きめに

「ちゃんと聞いているよ」ということを伝えるために、目をきちんと見て、うなずきは大きく、そして笑顔を忘れないようにしましょう。

いつもよりもオーバー目にリアクションをとるだけで相手はうれしいですし、身体を動かすと自分としても気持ちがほぐれます。

うなずきについては、ちょっとしたテクニックもあります。小刻みに「うん、うん……うん、うん」というよりも、じっと聞いていてごくたまに「そうなんだー!?」と大きくうなずきましょう。実感がこもるうえに、相手としてもセカセカした気持ちになりにくいようです。



●まず自分が落ちつく

自分が緊張すると、相手も緊張します。緊張は伝染するのです。ですから、相手のためにも、自分が落ちつける環境を作りましょう。

たとえば座席の位置。正面で向き合うと視線のおきどころに困る、という人も多いでしょう。そういう場合にはカウンター席のように並んで座れる場所を選びます。

相手が自分の右側にくるか左側にくるかで、リラックス度が変わるのであれば、より落ちつくはうを選びます。テーブルの角の席に斜めになって座るのもオススメ。

聞き上手になろうとして、自分がパニクってしまうというのは最悪の状況。落ちついて聞くためには自分のコンディションについても十分気を配ることです。



●沈黙を怖がらない

「会話が途切れるのは気まずい」と感じて、相手の言葉が途切れると「とりあえず何か言わなくては」と考えてしまう人も多いはず(僕もどちらかというとそうです。「沈黙恐怖症」ですね)。

相手が黙り気味のときに、無理に話題をつなごうとしない勇気もときには必要。相手はこれから話すことを、じっくりと考えているだけかもしれないからです。

沈黙を怖がらず、それでも相手の話への集中を途切らせないように。

黙って笑顔で「それで?」と促すのも効果的です。










e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-18 22:02
最強のナポリタン 再現するコツは「焼き」「置き」「油」

e0208182_2372359.jpg

e0208182_1728066.jpg


日本のパスタ料理に燦然と輝くのが「ナポリタン」だ。アルデンテを一切無視し、主な味付けはケチャップという繊細さを欠くパスタが、無性に食べたくなるときがある。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が、郷愁のナポリタンのコツを伝授する。


やわらかく茹でられたスパゲッティを、とろりとしたケチャップで香ばしく炒め上げる――。そんなナポリタンが、近年再評価されている。

それも新橋の「ポンヌフ」、大手町の「リトル小岩井」、有楽町の「ジャポネ」、神保町の「さぼうる」など昔ながらの専門店や喫茶店で提供される、個人店のナポリタンが、だ。

人類史上最高とも言われる現代日本の食環境では過去の「うまいもの」は上書きされ続ける。言い換えるなら、ふだん私たちが口にするメニューは、たいてい“上位互換”がきく状態なのだ。

和食、洋食、中華を問わず、世の多くのメニューは、よりいい素材で、より技術のある作り手がていねいに作れば、よりおいしくなる。

もちろんパスタやスパゲッティも例外ではない。ミートソース、カルボナーラ、グラタンなどたいていのメニューは、研鑽を積んだ新しい味のほうがおいしく感じられる。

麺のクオリティ、ゆで・まぜの技術、そしてソースなどの味つけ。現代の飲食店で提供されるメニューのレベルは高い。記憶の味=最高の味にはなりにくい時代でもある。

ところがナポリタンは違う。最高の材料と技術が「最高のナポリタン」になるとは限らない。理屈を郷愁が凌駕するのも「ナポリタン」の魅力である。

定説では、ナポリタンが誕生したのは戦後まもなく、横浜の「ホテルニューグランド」だと言われている。

その作り方をひもとくと「「ニューグランド」のナポリタンは、7割方茹でたパスタを冷まし、5~6時間置いてからさっと湯通しする」(『ニッポン定番メニュー事始め』著・澁川祐子/彩流社)というもの。ゆで置き麺を再び温めて、ソースと合わせる……。

近年「やわらかいうどん」として認知を拡大する伊勢うどんにも似た麺ゆで手法で、日本人の舌に合うようナポリタンの食感はカスタマイズされた。


その後、ナポリタンは喫茶店や洋食店に入っていく。昭和30年創業の「さぼうる」をはじめ、昭和40年代には「ジャポネ」「ポンヌフ」「リトル小岩井」「ジャポネ」といったナポリタンの“名店”が創業した。

そうしてナポリタンは家庭や学校給食へと広がっていった。確たるレシピが手渡されるのではなく、口伝が広まり、各作り手が少しずつ工夫を重ね、ナポリタンの「郷愁」は形成されていった。


ではその「郷愁」にたどりつくためのキーはなにか。ずばり「焼き」「置き」「油」である。それぞれの加減は無限にあるが、この3要素の組み合わせでナポリタンにまつわる課題はほぼ解決される。

既存の飲食店で「郷愁」に巡り会えず、自宅の台所でフライパンと対峙するときの一助にしていただければ幸いである。



1.「焼き」の加減

記憶にあるナポリタンの色が明るい赤色ではなくやや深い赤褐色なら、まずは強火で焦がしを入れたい。ケチャップや玉ねぎに含まれる糖分のカラメル化による苦味が味に深みを与え、メイラード反応(褐変反応)で豊かな風味が増幅する。

甘ったるさが気になる方にもケチャップや玉ねぎに対するきっちりとした焼き入れはおすすめ。「焼き」の加減によって、ナポリタンの味わいは「お子様向け」から「大人向け」までいかようにも変化する。



2.ゆで「置き」麺

数多くのメニューを扱う喫茶店や洋食店において、特に昼時などは注文時にいちいち麺をゆでてはいられない。とりわけナポリタンの勃興期である高度成長期、まだ「アルデンテ」向けのスパゲッティは一般にはあまり出回っていなかった。

うどんやそばですらゆで置き麺が当たり前だったコシ不要期に、大衆メニューとして地位を確立したナポリタンに当然ながらコシという概念はない。調理の際にお湯でほぐすか、ゆで上げ直後に油をまわしかけてから置いておくかは流儀がわかれる。



3.「油」の種類と後先

「郷愁」の最後の決め手は「油」だ。ナポリタンに使う油は大別すると、サラダ油、オリーブ油、バターの3種類にわかれる。もっとも一般的なのはサラダ油のみで炒め上げる手法だが、最後に火を止めてからバターをひとかけら加えると味が一段深くなる。

炒め油をオリーブ油にすればさわやかさがプラスされる。周囲に聞いたところ、最初からバターで炒め始めるというこってり猛者もいた。

「郷愁」を覚える味は人の数だけある。文字通り「お袋の味噌汁」から、カレーやそば・うどん、ハンバーガーまで、投影する対象はさまざまだ。

だが他の多くのメニューとの最大の違いを挙げると、ナポリタンには理詰めでの味わいを突き詰めた”究極”が存在しない。無限の「うまさ」を備えるナポリタンは、やはり最強の「郷愁」メニューに違いない。








e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-16 17:29 | 大好き、日本。

そのあなたでよいのです。他の人でなくてよいのです。

e0208182_2372359.jpg



e0208182_8383050.jpg


クリックしてください。大きくご覧になれます。






e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-05-02 08:38 | El Cantare