●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一生モノになる、「本質をとらえる頭」の作り方

e0208182_2372359.jpg
e0208182_2313746.jpg



石田 勝紀:緑進学院


小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。

どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?

約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。



【質問】

中学3年の男の子を持つ母です。受験の年であり、本人にとってはとても大切な1年になると思います。

親が子どもの勉強内容にいちいち口を出すのはよくないのですが、うちの子は国語ができません。本を読むことが嫌いで、普段から本を読むよう言っていますが、部活動に夢中で、それどころではありません。

国語は読解力が大切だと思いますが、どうも文章を読んでも何が言いたいのかよくわかっていないようです。そういう調子ですから、国語に対してはやる気も起こらないようで、傍らで見ている私のほうが焦ってしまっている状態です。

国語の読解で何かよい方法がありましたら、教えていただけますでしょうか。(仮名:瀬沼さん)




【石田先生の回答】

国語は私が最も嫌いで、できなかった科目でした。お子さんの気持ちよくわかりますね。ただの活字の羅列を眺めて、先生からは「言いたいことは段落の最後にある!」と言われ、その部分を解答しても「違う!」と言われて、「え?」と感じる、そんな子どもでした。

もちろん本を最後まで読むことなどありえません。読書感想文は本のあとがきだけを読んで、書いていました。私はこのような調子でしたので、お子さんがどのように国語を見ているか痛いほどよくわかります。

しかし、その後、あることがきっかけで、「言いたいこと=本質」だということがわかるようになりました。そして、それ以降は「何だ、大したこと言ってないな」と感じるようになったのです。


膨大な活字の列を眺めていても、どれが最も重要であるかは、ぱっと見ではわかりませんね。しかし、言いたいことはひとつかふたつしかありません。


ちょっと話がそれるようですが、一般の企業では実に多くの課題を抱えています。それらを上手に解決していくと成長していくのですが、実はそのときに「根源的問題はひとつか、せいぜいあってもふたつしかない」という視点で見ていくと解決していくのです。


表面的問題に目を奪われると、本質を見誤り、さらに事態を悪化させるのです。しかし、根っこが見破れると、ドミノ倒しのように「末節」問題が解決します。

これはちょうど、国語の文章で「何が言いたいか=本質」を見破る方法と似ています。そういう意味では、国語の勉強も一般社会で役に立つかもしれませんね。





家庭でできる3つの方法

では、どうすれば本質を見切れるのか。ここでは家庭でできる3つの方法についてお話しましょう。


1.全体像がわからないと本質はわからない

人の話を聞いていて部分的な話をされても、何が言いたいのか、さっぱりわかりません。しかし、全体の話がわかると、何が言いたいことなのかわかってくることがあります。これは「ストーリーという流れ」をつかむことで、理解できるようになるためです。


歴史の勉強も、1ページ目から断片的知識をコツコツ学習するよりも、まずはざっと全体像をとらえるようにするとよいのです。


歴史のマンガや簡単に読める薄い教科書あたりを軽く読み流して全体の流れをとらえてから、細かい勉強をしていくと、何が重要度が高く、何が低いかということがわかってきます


先ほど、活字の羅列を見て圧倒される子が少なからずいるというお話をしましたが、これを解決する方法があります。それが「段落分け(細分化)」です。

段落分けは学校でもよく授業でやります。しかし、ただ分けるのではなく、その段落以外を見えないように隠してしまうのです。


国語が嫌いな子は、文章を読むことが面倒なので、まずは「1段落」だけを見えるようにして、その段落だけに集中できるようにします。

すると、「文章全体を読むのは、かったるいけども、たかが数行程度の、1段落であれば、読んでみてもいいか」と思い、目の前のことだけに集中します。

そしてその後、「結局、この段落は何がいいたいの? 一言でいうと?」と聞きます。すると、生徒は何となく感じた印象を答えます。



このように、段落という「全体像」をざっと読んで、何を言っているかをとらえる訓練をすると、本質が見えるようになっていきます。これを繰り返すと、文章全体の本質がわかるようになります。





「抽象」と「具体」の別を意識しよう


2.抽象(わかりにくい文章)と、具体(わかりやすい文章)を区別できるようにする

文章は、わかりにくい文章とわかりやすい文章とで構成されています。わかりにくい文章は「抽象文」、わかりやすい文章を「具体文」と言います。


国語の問題では、「抽象文」が答えになります。なぜでしょうか。具体文はあくまでも具体例としてひとつの例を挙げているにすぎないので、それが答えだと、そのほかの事例はダメなのか?ということになるからです。

抽象文であれば、ぼかして漠然としていますから、どのような事例にも適用できる文(どのようにでも解釈できる文)になっているので、これが答えになるのです。


会話も、文章も、抽象文でまとめて、具体文でわかりやすく説明するという構造になっていますが、生徒はこのようなことを知りません。すべて同じ言葉であり、同じ文にしかみえていません。そこで、こういう訓練をするのです。



・具体的な話ばかりであれば、「結局、どういうこと?」と聞いてみます。すると、「抽象的な言葉や文」でまとめるようになります。

・わかりにくい話(抽象文)であれば、「それはたとえばどういうこと?」と聞いてみます。すると「具体的な言葉や文」が出てきます。


この「抽象と具体の往復」を日常で行っていると、話をしている本人も説明が上手になり、国語の文章も同様の構造になっていることがわかるようになるでしょう。




自分の口で説明させてみよう


3.学んだことを説明させる

私は塾で授業をしていたとき、よく次のような方法を使って生徒の理解力を確かめていました。

私:では、これで説明終わったけれど、わかったか?

生徒たち:(多くの生徒がうなずく そこで私は)

私:じゃ山口君、もう一度説明してみて。

山口君:(え!という顔して)……。

私:わかったら、説明できると思うけども、どうかな。それでは木内さんはどう。

木内さん:……。

私:わからないのに、わかったようなふりをしちゃだめだよ。


このようなことは頻繁にあります。1回の説明ですべての生徒が理解できるはずはありません。しかし教える側は、決まったように「わかった?」と聞いて、その後、次の単元に移ってしまうことが少なくありません。そして、「わからない状態のまま→落ちこぼれ誕生」となっていきます。


わからないことは、わからないと言ってくれればいいのですが、生徒は場の雰囲気を気にするのか、正直には言いません。そこで、「生徒に説明させる」ということをやったのです。

説明させてみると、生徒も自分が理解しているのかいないのかが、はっきりわかります。そして自分の言葉で説明できると、当事者意識が出てきて何がいちばん重要なことか、本質なのかがわかってきます。



このように、3つの方法についてお話してきました。本質というと何か難しい言葉のように思いますが、「要するに何?」という部分のことです。これがとらえられると、あとは枝葉末節という飾り付け部分で、表現をもう少し細かくしていくだけです。


「要するに何?」と自問自答すると、自然とどうでもよい部分は切り捨てられ、「単純化された言葉=本質」が出てくることでしょう。













e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-10-27 22:29 | 頑張れ!
斎藤茂太の名言集
(さいとう しげた、1916年3月21日 - 2006年11月20日)は、日本の精神科医、随筆家である。愛称はモタさん。

斎藤茂太さんは「食事には箸休めがあり、階段ならば踊り場がある。人生にも、しばし箸休めが必要なタイミングがあると思う。人生は長いのだ。途中、1年や2年、人から見て“わけのわからない過ごし方”をしたところで、それで取り返しがつかなくなるなんてことはない。箸休めの体験が、その後の人生をしっかり支える可能性のほうが大きい」と語る。心にしみいる「言葉の処方箋」で、元気と勇気が湧いてくる。


e0208182_2372359.jpg
e0208182_14295863.jpg



●美しい人生を見たいのなら、心の窓をきれいに磨くことだ。

●「今はできない」を、「絶対できない」と間違えないように。

●楽観的になりたいなら、客観的になることだ。

●腕を上げるには、ネをあげないことだ。

●人生から返ってくるのは、いつかあなたが投げた球。

●行いの最大の報酬は、行いをやり遂げた満足にある。

●苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい。

●何を笑うかで人間がわかる。なんでも笑えば人間は変わる。

●感情で表情が変わる人より、表情で感情を変える人が賢者。

●お金は金に寄ってくるが、夢にはもっと寄ってくる。

●正面を突くのは無策。意表を突くのが対策。

●世間からよく思われることよりも、自分が心からやりたいことを見つけ出すこと。そして、自分らしく生きていくことの方がずっと大切であるということ。

●世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない。

●嫌われたら、それ以上の力で好きになれ!

●追いかけられて暮らしているようでは、いつか息切れしてしまう。

●若い人には若い人なりの輝きがある。三十代にも三十代なりの輝きがある。四十代にも五十代にも六十代にも七十代にも八十代にも…。それぞれの年代に、その年代でしか放つことのできない輝きがある。

●他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。

●人は「けなげな人」に、手を差しのべる。

●自分を幸せにできる人は、人も幸せにできる。

●物を粗末にする人は、人も粗末にする。

●悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから。

●だらだらと人生を送っていると、品性の劣った人間になる。

●「自分のない人」ほど、自分を主張する。

●あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。

●いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう。

●「わが道をゆく」に勝る道はない。

●老いがきても今までの自分に悔いがなければ、死を怖れる必要はない。また、老いても自分に何か生きがいがあれば、何もビクビクすることもないのだ。

●人間の欲望にはきりがないから、満足することを知らないと幸せにはなれないよ。

●完璧主義はやめて、八十点の出来なら合格と考える。毎日毎日、全力投球するのではなく、頑張るべきときだけ百パーセント、百二十パーセントの力を出し、あとは八十パーセントぐらいをキープする。それが、心身共に健康で、いい仕事を長く続けていくコツなんですよ。

●人によって価値観や好みが異なるのですから、幸せの形も違って当たり前。マスコミや世間が押しつけてくる幸せの基準をちょっと脇にどけて、一度じっくり考えてみてください。自分は本当は何が好きなのか、何をしているとき幸せだと感じるのか、気持ちよく生きていくために何が必要で、なくても困らないのはなんなのか、どんな自分になりたいのか…とね。

●大丈夫。世の中の人はみんな、自分のことで精一杯。あなたのことなんて、気にしているほど暇ではない。

●どういうことばを使うかは、あまり難しく考える必要はない。相手に恥をかかせたり、傷つけたりするようなことを言わなければいいのである。

●優柔不断な人は、決断を悩み始めた自分に向かってこう言うといい。決断するとは「悩む」のではなく「決める」こと。どのみち、選択肢は一つだ。

●人間、どん底まで行けばしめたもの。後は上がるだけ。

●言葉はかけ算に似ている。かけ算ではどんな数も最後にマイナスをかけたら、答えはマイナスになる。

●仕事は雑に考えると、雑事になってしまう。

●新しいことに挑戦するときに、もっとも大切なことは、現在の自分の能力を考慮して、できるかできないかを予測することではなく、「やる気」があるかないかである。これを忘れてはならない。

●人の顔を美しくする最高の美容術は、笑いである。

●人はよく、「やる気はあるんだけど、行動がともなわない」といった言い方をするが、それは「やる気」を阻害する何かがあるからに過ぎない。

●人は何を語るか、だけではなく、「何を語らないか」でも判断される。アドバイスの中にも、語らないアドバイスというものがあるのではないか。

●「あきらめない」ことで、とかく人にふりまわされる。「あきらめる」ことで自分らしい、マイペースの生き方が出来るようになる。

●自分で自分をあきらめなければ、人生に「負け」はない。

●大きくても30センチほどのヤマメと、その倍もあるサクラマスが、もともとは同じ魚だということをご存じですか?川での生存競争に敗れたヤマメの一部が、餌を求めて海へと下り、餌が豊富な海を回遊するうちに大型化したのがサクラマスなんだそうです。

そのときは負けたように思えても、自分で自分に見切りをつけなければ、人生に「負け」なんてものは存在しません。

人と競うのではなく、できることから少しずつ努力を重ね、昨日の自分よりちょっとだけでも成長しようと心がける。

そうすれば、いつの間にか、サクラマスのようにグーンと大きくなっているはずですよ。

●できるだけたくさんの本を読み、美しいものに触れ、思いやりを持って人に接する。当たり前のことを言っていると思うでしょうが、そういうことの積み重ねが、本当に人を美しくするんです。

九十年も世の中を観察してきた僕が言うんだから、間違いない(笑)。効率や損得にとらわれると、人間が小さくなる。

●自分らしく生きられる場を探すのではなく、今、自分がいる場所で夢中になって生きてみましょう。そんな日々の積み重ねが、その人らしさを作っていくんだと思います。

●人生には無駄なことも損なこともありません。すべての経験があなたの中に積み重なっていくんです。

●夢中で生きることを、「生きる目的」にする。

●大切なのは、場所を変えるのではなく、自分自身が変わること。

●失敗を気にしてクヨクヨ落ち込んだり、クドクド言い訳したり、誰かを責めたりするのは、時間のロスでしかありません。

●本当に有能な上司は、部下にも自分にも適度に甘い。

●前を向き、歩き続けていれば、苦労は人を成長させる。

●人間は弱いようで、強い生き物なんです。

●焦らない。でも、あきらめない。

●他人と自分を比べてしまうのは、しょうがない。ただ、あの人のほうが私より上だとか下だとか考えて、幸せを他人との比較で決めるのは、もうおやめなさい。あなたが幸せかどうかは、あなたの気持ち次第。「自分は幸せだ」と思える人だけが、幸せに人生を送れるんです。

●「あのとき、ああしていれば」という思いに振り回されることほど、時間とエネルギーを無駄にし、自分を傷つけるものはないと思いますよ。

●日々のちょっとした喜びを大切にし、足元の現実を少しずつ積み重ねていくことが、明るい未来につながっていくんだと思います。

●言葉は薬にもなれば、凶器にもなる。

●感動こそがストレスに負けない最大の秘訣。そして、長生きのコツでもある。

●最後に私よりも若いであろう読者の皆さんにぜひお伝えしたいことは、将来のことを必要以上に心配することはない、ということだ。

気を揉んでいたずらに時を過ごすよりも、なんでもいい、今からできること、したいことをしてみるといい。まずは行動を起こすことだ。老いは、考えなくても誰にでも来るものなのだから。












e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-10-18 14:25 | 名言
外国人に聞いてみました「あなたの好きな日本語は何ですか?」

More
[PR]
by 40144 | 2015-10-13 00:45 | 大好き、日本。
e0208182_10253372.jpg





成功するためには、口ぐせが重要


e0208182_2372359.jpg
e0208182_22583266.jpg





●読者からの質問 1


斎藤一人先生は、「成功とは、どんな口ぐせを持っているかで決まる」と、おっしゃっています。なぜ、成功するためには、口ぐせが重要なのでしょうか。口ぐせの効果を教えていただければ幸いです。


斎藤一人さんからの回答

「口ぐせって、その人が思っていることが出るんです」

はい、こういうことです。口ぐせっていうのはその人が思っていることが出るっていうことなんです。日ごろなにを思っているか。

だから、大した口ぐせはいらないんです。問題がある度、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とか、そんな簡単なのでいいと思います。

それから、「がんばろう」とか、「やる気じゅうぶんです」とか。人が明るくなるとか、自分を鼓舞するようなものを持ってる人っていうのは、口ぐせがそうなんです。

ということは、日ごろ考えていることが、明るいことだったり、自分を鼓舞するようなことなんだよね。

だから、逆に言えば、簡単な口ぐせを作っちゃう。そうすると、言葉に引っ張られて気持ちがそうなっちゃうっていうことがあると思います。

例えば、すぐに落ち込んじゃう「おれだめだな」っていうのが口ぐせの人と、「だいじょうぶ、だいじょうぶ。失敗なんて何回したって。最後に成功すればいいんだから」とかって言ってる人。

どちらが成功しそうかわかりますよね。そういう簡単な口ぐせを持っている人のほうが成功するっていうことです。

ただし、口ぐせを変えるだけでは成功できないんだよ。成功するためには、行動が必要なの。

仕事で成功したかったら、口ぐせを変えるだけでなく、当然ながら、顔晴って一所懸命に仕事しなくちゃいけないの。この地球というのは、「行動の星」だからね。

行動したくなるような口ぐせを言うんだよ。




●読者からの質問 2

「これからの時代にたいせつになる『口ぐせ』を教えてください」斎藤一人先生の大ファンです。今年以降、ますます、経済が厳しくなるという予測がありますが、これからの時代を生き抜くのに、特に役立つ「口ぐせ」があれば、お教えいただけませんでしょうか。また、お金に好かれる「口ぐせ」があれば、お教えください。


斎藤一人さんの回答

「お金の悪口を言うのだけはやめたほうがいいです」

はい。こういうことですね。

これから経済が暗くなりますからね、明るい言葉ならなんでもいいんです。「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とか「心配ないよ」とかね。

みんなが暗くなるときに明るいことを言える人、そういう人がリーダーになるんです。だから明るくなるようなことを口ぐせにするといいですよ。

暗くなったらみんなが暗いことを言うからね。そのときいっしょに暗いこと言ったらダメなんです。それだけ注意してくださいね。

あと、もう一つ、お金に好かれる言葉がありますかってことに答えます。お金に好かれない人ってね、「人生金じゃないよ」とか、そういうことを言うんです。

だからって、人生金だとかって言いたいんじゃないですよ。大切なものって、友達も大切だし、友情も大切なんだよね。

だけど、お金の悪口をいうのだけはやめたほうがいい。お金の悪口を言わずに「お金ってたいせつだね」とか、「お金を生み出してくれる仕事ってたいせつだね」とか、そういうあたりまえのことを言わないと、お金から嫌われるよっていうことです。

そもそも人からナメられて、馬鹿にされて、幸せになれっこないんだよ。だからって自分が威張って、人をナメるのもよくないんだよ。でもナメられる方も悪いんだよ、オドオドびくびくしてるからナメられちゃうの。


この言葉を1日100回言ってみな。

威張っちゃいけない、ナメられちゃいけないって


みんな優しすぎるの。でもそれで生き方まで弱くなってる人が多い。本当の優しさは強さの中にあるんだよ。強くなってえばっちゃいけないけど、人になめられてもダメなんだよ。


★キーワード
成功するための口ぐせ

「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」














e0208182_23164417.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ






[PR]
by 40144 | 2015-10-09 23:00 | 名言