●I'm sorry ごめんなさい●Please forgive me 許してください●I love you 愛してます●Thank you ありがとう


by 世界樹の嫁。

絶対やっちゃダメ!日本人が勘違いしてる和食のNGマナー5つ



e0208182_16431414.jpg

間違えがちなマナー5つを紹介しますので、予習しておきましょう!




■1:手をお皿のようにして食べる“手皿”は、実はNG!

左手の手のひらを上に向け、汁などが垂れないように、口元の下にスタンバイして食べる事ってありますよね。一見上品なようにも見えますが、実は“手皿”と言ってNGなんです。

和食は基本的に、器を手に持っていただくのがマナー。汁が垂れそうになったら、手ではなく小皿で受けるようにしましょう。




■2:お椀のフタ、食べ終わったら裏返しはNG!

お椀に入った汁物を飲み終わったとき、はてさて、フタはどうしたらいいでしょうか? 裏返しにして置き、“これが食べ終わった印”なんていう人もいるかもしれませんが、実はフタを傷つける可能性があるのでNG。

元通りに、普通にフタを閉じるのが、正しいマナーです。




■3:貝のお味噌汁の貝殻は、フタに乗せない!

しじみやあさりなどのお味噌汁が出たときに、貝殻はどうしていますか? ひっくり返したお椀のフタの上に乗せる人もいると思いますが、実はNGなのです。

正解は、お椀の中に入れたままにする、です。貝の身が取りだしにくいときは、殻を左手で押さえてもOKです。




■4:お箸を逆さにして取り箸にするのはダメ!

ちょっとカジュアルな場で、みんなでホッケなんかをつつくケースがありますよね。取り箸がないときに、自分のお箸を逆さにして取ろうとする人がいますが……これも実はNG。

なぜなら、お箸の上の方は手で持っていた場所なので、きれいではないとされているからです。お店の人に取り箸をお願いするか、「じか箸で失礼します」と言って、そのまま自分のお箸を使うのが、正しいマナーです。




■5:懐石料理でお箸が濡れていて、クレームはNG!

懐石料理などで出されるお箸は、料理を出す前に、水にさっと通すのが正式です。料理がお箸につかないために工夫されているためなので、「あの~! お箸が濡れているんですけどっ(怒)!」なんてお店の人にクレームをつけて、赤っ恥をかかないように気をつけましょう。









[PR]
by 40144 | 2013-11-01 16:41 | 閑話